2007年7月29日

Transit

Transit

アメリカやヨーロッパ各地の空港での様々なシーンが撮りおさめられた写真集なのですが、Transitとタイトルにあるとおり空港内でもとりわけなにげなく通過してしまう、見落とされがちな場所をクローズアップしてセレクトされており、多くのカラー写真とともに空の旅をイメージしたグラフィックデザインも多数掲載されており、なんとも洗練されつつも楽しくもあり、郷愁感のただよう内容になっていると思います。


with field のページへ>> Go!

2007年7月4日

気長に

そういえば、ここ数週間、展覧会情報を書いていませんが、少々お待ちください。

お知らせしたい展覧会は、現在、たくさんありますが、とりあえずは、今はひとつひとつこなしていっているという感じです。


あとは、前回、なんだか自分でもはずかしくなってくるような個人的なことも書いてしまい、書いたあとで気になってしかたがなかったのですが、いまは気長に楽しくやっていくことが肝心なのかなあと。
(もちろん古本を売っている以上、売り上げも伸ばさないといけませんが・・・。)

2007年7月1日

自分とたてもの

このまえ、ふとしたことで、自分にあったもの、したいこととは、なんだろうと。

そんな漠然としたことを考えているときに、あるかたと話をしていた時に、ちょっとしたきっかけをいただくことになり、あらためてしたいこと、将来したいことへの、灯台がすこしみえたような感じでした。


このwith fieldと坂道ブログ(東京坂道さんぽ)をこれからも続けていくことで自身の個性をだしながらも、なにか新しいことや価値を考え、リサーチし、わずかながらでも社会に役に立ち(汗)、いろんな方とのつながりのきっかけともなるような活動体であり、お店であればなあとも思っています。


また、それとあわせて、まあこれは自分のことになりますが、ほんと最近に、父親から、だいぶ前に亡くなってしまった祖父が僕の小さいころは、北海道に住み若いころ宮大工をしていたということを知らされ(はたから見ると宮大工と聞いてもふ~んという感じかもしれませんし、父親から聞いただけできちんと調べてはいないので確定してはいないのですが・・。)、僕の中での祖父は詩人としてぼちぼちと活動している人というイメージがあったのですこし驚きつつも、そんな祖父の過去を知り、僕が建築の勉強をはじめたのは祖父が亡くなったすこし後だったので、今となっては、知るすべもありませんし、父親もあまり祖父からはそういうことを聞いていないためわからないのですが、祖母はまだ生きているのでまたこんど聞きにいかないとなあと思いつつも、あらためて僕なりの建築の活動についてもいろいろと考えていかないといけないなあと思っている今日このごろです。。